ききみみ春のウィーン祭り

【ウィーンのカフェ100選】一流の雰囲気に身を包め!

投稿日:

21、Cafe Ritter

ロココ時代の建物で、1867年に創業している老舗のカフェです。

これは感覚の話で個人的な意見ですが、なんか不思議と落ち着くんですよね!ここは!

 

不思議な力でもあるのでしょうか?素敵なインテリアたちの持つ魔力かな?

見かけたら、ぜひ立ち寄ってみてください!

 

 

22、Cafe Landtmann

海外店舗の一号店を日本の青山にだしたウィーンの名門カフェです!

ここのケーキを、ウィーンのだいたいのカフェが仕入れております。

 

たくさんカフェを巡っていますが、ウィーンのケーキメニューで、「ラントマン」と書かれているのを何度も見かけました笑

そのぐらい、ウィーンでも力のある素敵なカフェなんです。

店内は素晴らしいですよ、テラス席なんてもったいない!ぜひ中でごゆっくりどうぞ!

 

 

23、Palmenhaus

ウィーンで唯一の温室カフェです!

ブルクガルデンという王宮庭園(無料で入れます!)の中にあります。

 

とても魅力的なカフェで、居心地は新感覚ですのでぜひ行ってほしいカフェです!

 

 

24、Cafe Mozart

オペラ座の裏側に位置する名店です。

名前通り、モーツァルトをモチーフにしております。モーツァルトコーヒーやトルテが有名なカフェです。

 

モーツァルトリキュールが可愛くて写真撮りました。お土産品の定番ですので、お酒好きな人にあげてみるといいかもしれませんね。

コーヒーに入れても最高です、甘くて美味しかったです!

 

 

25、Cafe Oper

オペラ座にあるカフェですね。

店内の柱が変わっていておもしろいなと思いました。

 

店内では、オペラ座で過去に公演された動画のようなものが流れています。オペラを見る前の休憩に使ってみるのもいいですね。

 

 

26、Cafe Frey

ザ・地元感あふれるカフェです。

しかし、この穏やかな雰囲気は、ウィーンの中心部にはない感じです。

 

紅茶を頼んだのですが、ティーパックが出てきて悲しかったです笑

でも料理は美味しかったですね。

 

 

27、Cafe Korb

メニューがカラフルなのが可愛いです笑

レトロな雰囲気で、あまり目立たないところにあるため、のんびりできます。

 

 

28、Sluka

素敵なカフェですよね、本店は市庁舎すぐにあります。

ここはオペラ座からシュテファン大聖堂へ向かう道の途中にあります。市庁舎のほうは遠いので、こちらの方が行きやすいイメージです(宿の位置によって異なると思いますが、シュテファン大聖堂が近いので)。

 

1891年創業、1896年には王室御用達の称号を受けた名店です。 ぜひ味わってみてください!

 

 

29、Cafe Goldegg

ビリヤード台が見たいなと思って、訪れてきました笑

昔はカフェにビリヤード台があった時代もあったんですね、しかし今となってはなかなか見当たりません。

 

ビリヤード台があることで、レトロ感がより増し、タイムスリップ感が急上昇します。

これぞヨーロッパの醍醐味!!

 

 

30、Heiner

店員さんの服も可愛いし、並ぶケーキたちも可愛いし、内装も可愛いしで、もう脳内はメルヘンになってしまいます。

1840年創業の、老舗カフェです。ここがすごいのは、フランツ・ヨーゼフ1世に愛されたカフェであり、1977年にオーストリア共和国から国家賞を授与されたカフェであるということです。

 

そんな由緒正しき「ハイナー」は、コーヒーカップやポット、お皿などの柄が揃えられていたのが印象的でした。

実はこの青い小花柄の陶器は、代々大切に使われてきたアンティーク食器とのこと、気持ちがまた上がってしまいますね。

 

 

次のページへ >

-ききみみ春のウィーン祭り

Copyright© 喫茶ききみみ堂 , 2018 All Rights Reserved.