ききみみ春のウィーン祭り

【ウィーンのカフェ100選】一流の雰囲気に身を包め!(続々更新中)

投稿日:

 

音楽の都ウィーンに2ヶ月滞在しています!

世界の無形文化遺産として登録されているカフェ文化をリサーチするため、カフェ100件を巡ります。

 

この記事では、ウィーンにある100件のカフェを紹介します!

ぜひ、旅の参考にしていただければ幸いです。

 

 

1、Cafe Imperial

老舗ホテルに併設されている有名なカフェです。店員さんが優しくて助かりました。

高級感あふれすぎて入りづらい雰囲気が出ておりますが、回転扉のウサギに癒されながらホテルへ入り、左に曲がるとカフェがあります。

 

頼んだのは、パンとメランジェとオムレツです。

適当に選んだパンはかなりの量があって困りました笑。メランジェはさすが、美味しかったです。オムレツはパンに飽きているのが分かったのか営業なのか、勧められたので頼んで見ました。

チーズが入った薄いオムレツで、美味しかったです。ウィーンなんでも美味しいな!と思ってしまうほどに、カフェインペリアルは強かったです笑。

 

あと個人的に、最後に出てきた果肉たっぷりのオレンジジュース、めちゃくちゃ美味しかったです、あんなに美味しいの久しぶりに飲みました!笑

 

 

2、AIDA

市内にいくつかあるチェーン店です。

ガーリーな感じがプンプンします。それもそのはず、いたるところピンクが使われているので、ポップな気分になってしまいます。

 

店員さんの制服もピンクです笑。

 

人が多く忙しいので、時間によっては店員さんの対応が遅いときもあるかもしれません。

頼んだのはアメリカーノ、安心できるコーヒーという印象です。ここはスイーツがメインだと思いますので、スイーツ目当てで行くのがいいかもしれないですね。

 

 

3、Cafe Griensteidl

ホーフブルク宮殿入り口の向かい側にあるカフェです。店内に売店やチケット売り場があります。

 

広くて居心地がよく、赤いシートは優雅な気持ちにしてくれます。私がいたときは、店員さん同士がよくお喋りしていたので、日本から出てきた感があってよかったです。

呼ぶとちゃんと笑顔で来てくれるので好印象、ウィーンの老舗カフェと比べると個性的ではありませんが、Wi-Fiが使えるので一休みするときはオススメしますね!

 

 

4、Cafe OPERNRING

地元感あふれるカフェです。居心地がよくて軽く寝てしまいました(笑)

モーツァルトトルテを頼みました。甘すぎたように感じましたが、コーヒーで中和して美味しくいただきました!

 

あと個人的に驚いたのは、ミルクの容器が温められていたことです。ブラックコーヒーばかり飲んでいたので、ここではミルク混ぜて一杯飲みました。

 

 

5、Cafe HAWELKA

路地裏にこっそりある感じ、シックな佇まい、異空間の店内、すばらしいカフェです。

 

時差ぼけで疲れた体をリラックスすることができました。外観からは普通のウィーンにあるカフェに見えますが、中身はクール!!

 

 

6、Cafe Tirolerhofcafe Tirolerhof

雰囲気がいいですね。暗めの色で統一された大人の雰囲気に包まれる場所です。

朝は周辺のカフェより1時間ほど早く空いているので、朝早い人におすすめです。

 

暗めの色を基調とした、静かな内装はとても落ち着きます。日本のように喫煙席と禁煙席で分かれているので、喫煙者にとっても安心できます。

街のコーナーに佇むカフェは見つけるとふいに入りたくなりますね。

 

 

7、Demel

個人的にナンバーワンです!

パン、ケーキ、コーヒー、内装、お菓子売り場、いろんなところが素晴らしすぎます。パンは美味しすぎてたくさん食べちゃいました笑。

 

コーヒーも最高です。ちなみに私はここへ来てAnna Demel Kaffeeというオレンジリキュール入りのコーヒーを頼んでしまったので、ほろ酔い気分で朝を迎えました笑。

 

老舗のカフェです。内装、ケーキのショーケース、お菓子売り場、コーヒー、すべてにおいて満点以上のレベルです。コーヒーは美味しいですが、メニューをしっかり見て決めましょうね!

 

 

8、Cafe Raimund

ウィーンの劇作家、フェルディナント・ライムントがいたるところにいるカフェです!

モーニングセットを頼んだのですが、タコさんウインナーの海外版みたいなのが出てきました。これめっちゃうまくて病みつきになります!笑

 

ここの穏やかな雰囲気最高でした。中には喫煙席もありますので、喫煙者の方ものんびりできる素晴らしいカフェです。

 

 

9、Cafe KHM

世界一美しいカフェと言われている「Cafe KHM」!

美術館の中にこのカフェがあります。ハプスブルク家のコレクションを一通り見たあとの休憩にぴったりの高級感、3階からカフェを見下ろすのも楽しいですよ!

 

美術館に併設されているカフェのレベルをいとも簡単に越えていきます。すごすぎる!

 

 

10、Cafe Freud

ジークムント・フロイト博物館のすぐそばにあります。

 

フロイトに関連しているのかな?こちらの印象としては、いたって普通の地元の喫茶店って感じでした。

横にフロイト博物館があるから、この名前つけたのかな?

 

精神分析の研究をし、心理学の可能性を大きく広げたフロイトの功績をイメージして入ると、そのポップな内装に驚きます笑

 

 

11、Cafe Museum

これまたコーナーに存在する老舗のカフェです。

スイーツが本当に美味しいです。さすがスイーツ大国ですね、何度食べても飽きません。

 

 

12、Cafe-Kpmditorei Weidlich

ウィーンの中心地より離れた場所にあります。

店内はけっこうポップな感じ、お店に入ったら目の前にケーキのショーケースが!食べたくなってしまいます笑

 

かわいいお店とは対照的に、ワイルドなお兄さんたちがウェイトレスをしていました。

朝食、美味しかったですね~!

 

 

13、Cafe Gloriette

シェーンブルン宮殿のお庭の丘を一番上まで登ってみましょう!

すると丘の上の神殿のような建物の中に、カフェがあります。この建物、グロリエッテは有料で頂上に登れますのでぜひ高い場所からウィーンを見渡してみてください。といっても、この丘の頂上まで登った時点でけっこう高いです笑

 

チョコチーノ、甘くて最高でした。やっぱりスイーツ系が強いですね、日本とは桁違いにどこも美味しい!

 

 

14、Cafe Restaurant Kaiserpavilion

シェーンブルン宮殿の庭のなかに、世界最古の動物園があります。

その中に、美しく存在感を放つこのカフェは内装がおそろしく綺麗です。

 

絵画、天井にびっしりと描かれた絵、シャンデリア、優雅で洗練された空間です。

ここではシュニッツェルを頂きました。オーストリアは美食の街ですね、味がそれほど濃くなく食べやすい、そしてジュワっと広がるその味はたまりません。

 

 

15、Cafe Wortner

大きな建物、これもコーナーにあります。

目の前の泉では人の口から水がでています!笑

 

静かな雰囲気、シックな空間、素晴らしいところです。ここのカフェの落ち着き具合はすごく心地よかったです。

近くに住んでいたらお気に入りの場所に決定ですね。

 

 

 16、Cafe Sacher


ウィーンの高級ホテルの代表、ザッハーの一階にあるカフェです。

その優雅な雰囲気の中でコーヒーを味わいたいと、昼には行列ができるほどの人気ぶりです。

 

内装の煌びやかさ、落ち着いた空間、美味しいザッハートルテを食べれば、このカフェに胸を打たれることでしょう!

120点以上の最高級カフェ、ウィーンに来たら必ず訪れたい場所です。

 

 

17、Cafe Central

1876年、フェルステル宮殿の一部を利用したカフェは、評判以上の芸術空間となっています。

高い天井、美しい柱、奥の壁にはオーストリアの歴史に欠かせない、フランツ・ヨーゼフ1世と皇后エリザベートの肖像画が並んでいます。

 

入口に入るとすぐにおじさんがいます。「誰、この人?」と初めは思うかもしれません。

ここは文豪や芸術家たちが常連の文学サロンカフェ、そのおじさんはペーター・アルテンベルク、ここを書斎とした詩人です!

 

 

18、Cafe Hofzuckerbacker

コインランドリーで知り合った現地人に教えてもらったカフェです。

可愛いグリーンの外観、1階のケーキ売り場は老舗菓子店「ゲルストナー」、まるで映画のワンシーンに使われそうなレベル!

 

2階にカフェ「ホーリーファランテン」があります。この店名の意味、「王室御用達」という意味です笑。

めちゃめちゃ直接的な表現ですね!

 

個人的に夜がおすすめです。その素敵な雰囲気に身を包むことになれば、一夜の奇跡が起こるかも、、、笑

 

 

19、Cafe Sperl

1880年創業の老舗カフェです。

19世紀の建築様式が残っており、インテリアも当時のままです。その空間はまるでタイムスリップをしたかのようです。

 

素敵な場所です。何か物思いにふけるときとか最高かもしれませんね。

 

 

20、Cafe Bellaria

映画監督のフランツ・アンテルが撮影の拠点とした場所です。

美しい店内はきっとあなたに、癒しの一服を与えることでしょう!

 

ウィーン自然史博物館の真裏にありますので、鑑賞後にぐるっとまわって休憩なんてのもアリですよ!

 

 

21、Cafe Ritter

ロココ時代の建物で、1867年に創業している老舗のカフェです。

これは感覚の話で個人的な意見ですが、なんか不思議と落ち着くんですよね!ここは!

 

不思議な力でもあるのでしょうか?素敵なインテリアたちの持つ魔力かな?

見かけたら、ぜひ立ち寄ってみてください!

 

 

22、Cafe Landtmann

海外店舗の一号店を日本の青山にだしたウィーンの名門カフェです!

ここのケーキを、ウィーンのだいたいのカフェが仕入れております。

 

たくさんカフェを巡っていますが、ウィーンのケーキメニューで、「ラントマン」と書かれているのを何度も見かけました笑

そのぐらい、ウィーンでも力のある素敵なカフェなんです。

店内は素晴らしいですよ、テラス席なんてもったいない!ぜひ中でごゆっくりどうぞ!

 

 

23、Palmenhaus

ウィーンで唯一の温室カフェです!

ブルクガルデンという王宮庭園(無料で入れます!)の中にあります。

 

とても魅力的なカフェで、居心地は新感覚ですのでぜひ行ってほしいカフェです!

 

 

24、Cafe Mozart

オペラ座の裏側に位置する名店です。

名前通り、モーツァルトをモチーフにしております。モーツァルトコーヒーやトルテが有名なカフェです。

 

モーツァルトリキュールが可愛くて写真撮りました。お土産品の定番ですので、お酒好きな人にあげてみるといいかもしれませんね。

コーヒーに入れても最高です、甘くて美味しかったです!

 

 

25、Cafe Oper

オペラ座にあるカフェですね。

店内の柱が変わっていておもしろいなと思いました。

 

店内では、オペラ座で過去に公演された動画のようなものが流れています。オペラを見る前の休憩に使ってみるのもいいですね。

 

 

26、Cafe Frey

ザ・地元感あふれるカフェです。

しかし、この穏やかな雰囲気は、ウィーンの中心部にはない感じです。

 

紅茶を頼んだのですが、ティーパックが出てきて悲しかったです笑

でも料理は美味しかったですね。

 

 

27、Cafe Korb

メニューがカラフルなのが可愛いです笑

レトロな雰囲気で、あまり目立たないところにあるため、のんびりできます。

 

 

28、Sluka

素敵なカフェですよね、本店は市庁舎すぐにあります。

ここはオペラ座からシュテファン大聖堂へ向かう道の途中にあります。市庁舎のほうは遠いので、こちらの方が行きやすいイメージです(宿の位置によって異なると思いますが、シュテファン大聖堂が近いので)。

 

1891年創業、1896年には王室御用達の称号を受けた名店です。 ぜひ味わってみてください!

 

 

29、Cafe Goldegg

ビリヤード台が見たいなと思って、訪れてきました笑

昔はカフェにビリヤード台があった時代もあったんですね、しかし今となってはなかなか見当たりません。

 

ビリヤード台があることで、レトロ感がより増し、タイムスリップ感が急上昇します。

これぞヨーロッパの醍醐味!!

 

 

30、Heiner

店員さんの服も可愛いし、並ぶケーキたちも可愛いし、内装も可愛いしで、もう脳内はメルヘンになってしまいます。

1840年創業の、老舗カフェです。ここがすごいのは、フランツ・ヨーゼフ1世に愛されたカフェであり、1977年にオーストリア共和国から国家賞を授与されたカフェであるということです。

 

そんな由緒正しき「ハイナー」は、コーヒーカップやポット、お皿などの柄が揃えられていたのが印象的でした。

実はこの青い小花柄の陶器は、代々大切に使われてきたアンティーク食器とのこと、気持ちがまた上がってしまいますね。

 

 

31、Haas & Haas

コーヒーばかりの旅の道中、紅茶専門店のカフェに立ち寄りました。

ルイボスティーを頼んだのですが、さすが美味しい!

 

そして何と言ってもショップの内装や商品棚などが非常に魅力的です。入店すると大興奮しちゃうレベルです笑

 

 

32、Pfiff & Co

気張ってない感じで、リラックスできました。

路地にひょこってある感じが、お店のいい雰囲気を作り出していますね。

 

のんびり系カフェです。こういう時間も大切ですね。

 

 

33、Alt Wien

いい感じに古めかしいその内装に、お客さんのざわめき、なんだか昔からある地元の溜まり場感がしましたね。

それだけ愛着の湧くお店だということです。好きな人はけっこう好きになる場所だと思います!

 

 

34、Cafe Frauenhubler

ソーセージネタで写真はふざけておりますが、この「フラウエンフーバー」はウィーン最古のカフェです!!

 

創業1788年、マリア・テレジアのおかかえ料理人フランツ・ヤーンは宮廷レストランとして、貴族相手にこのお店を開店しました。

宮廷レストラン時代には、モーツァルトやベートーヴェンが演奏したことでも知らている名店でございます。

ぜひ、その歴史的空間を存分に味わってみてください!

 

 

35、Cafe Schwarzenberg

定期的に生演奏をしている老舗カフェ、創業は1861年で古くからコンサートカフェとして栄えています。

1979年に修復が行われたとのことですが、その立派でシックな雰囲気に包まれたカフェには、やはり胸が踊ります。

 

 

36、Kunst&Cafe

オーストリア出身の芸術家、フンデルトヴァッサーがデザインした場所があります。

大胆な色彩で描かれた外観ですが、今でも住居として使われています。その一階にあるのがこちらのカフェです。

 

フンデルトヴァッサーさんのビデオをカフェの中で流したり、関連するグッズを置いたりして、非常にユニークな空間となっていますので、ぜひチェックしてみてください!

 

37、Cafe Zartl

コーナーにあるカフェですね。

地元感溢れたカフェです。特別目立ったところはありませんが、あるとそれはそれで落ち着くっていう貴重な存在です。

 

こういう地元のカフェ、日本で言えばちょっと古いけど昔からある喫茶店が残っているのは嬉しいことですね。しみじみきます。

 

38、Cafe Menta

おしゃれ感マックスです!

日本でいえばサードウェーブ系のカフェに似たような雰囲気が出ております(例えば、ブルーボトルコーヒー)。

 

雰囲気や味はバツグン、文句なし、もっとゆっくりしてもよかったな~!笑

 

 

39、Kunst Haus Wien

芸術家のフンデルトヴァッサーさんが自身で設計した美術館です。

この異空間、体験せずに帰るのはもったいないかもしれません!

 

あと料理が美味しいです。私はお腹が空いていなかったので、トーストを頼みましたがこれが美味い!!

隣の人のカレーも美味しそうでした笑

 

40、Cafe Pruckel

道路を渡ればウィーン市立公園があるという立地のコーナーにあるカフェです。

白を基調とした清潔感溢れる内装は、陽が入るとより美しさを増します。

 

ぜひ歩き疲れたあとの休憩に、素敵な場所ですよ。

 

 

41、Oberlaa

ウィーン市内を中心にいくつかの支店を持つ、1974年創業のオーバーラー、素敵なケーキやお菓子がショーケースに並んでおります。

 

種類豊富でスイーツ好きにはたまらない場所です!

 

 

42、La Bol

パリスタイルのカフェです。

雰囲気がものすごくいい!すごく写真映えするカフェです。

頼んだチーズオムレツ、重たくない味でとても美味しかったです!ほかの料理も美味しいでしょうね~!

 

 

43、Cafe Daniel Moser

スタイリッシュな場所で、居心地がよかったです。

シュテファン大聖堂から少し歩いてところにありますので、休憩にいいですよ!

 

 

44、Cafe Diglas Wollzeile

外観やら照明やら、何から何まで可愛いカフェです。ここはレベル高いですね。

コーヒーを飲んでる人たちはきっとここが好きなんでしょうね。なんだかそんな温かい空気が流れているカフェでした。

 

 

45、Cafe Englander

ウィーンのカフェは、ほぼレストランも兼ねているのでお腹が空いたときに困ることがありません。

テラス席含め非常に広いカフェです、のんびりするのにおすすめです!

 

 

46、Cafe Standard

地元にあるカフェって感じですね~!

ここもコーナーにあるカフェです、穏やかでゆっくりできました。

 

 

47、Paolo Bortolotti

店員さんがすごく優しかったです笑

朝食のセットはリーズナブルでよかったですね。

 

 

48、Halle

ウィーンの近代美術館の入口前にあるカフェです。

清潔でフレッシュな内装は、気持ちが晴れますね~!

新鮮な野菜やオーガニック食材を使ったメニューが豊富なカフェみたいです。私はグラノーラを頼みましたが、最高に美味しかったです!

 

 

49、Cafe Neko

日本人の方が経営されているカフェです。ヨーロッパに猫カフェがなかったため、日本の文化を広げるために始めたそうです。

地下では、「クラゲバー」もやっているそうです。アクティブなお方です。ぜひ立ち寄ってみてください!

 

 

50、LEVANTE

綺麗でいいお店です。街を歩いていて、いくつか見かけたのでおそらくチェーン店ですかね。

フードもドリンクも最高でした、居心地いいです!

 

 

51、Cafe Bistro

オペラ座近くにあるコンパクトなお店です。

名前からあふれるフード美味しいそう感、実際に美味しかったです笑

店内の品の良さがたまりませんね、座っていると裕福な気分になります。

 

 

52、Braunerhof

アンティークショップが並ぶところにあるカフェです。

作家トーマス・ベルンハルトが常連だったことで知られるカフェでもあります。

私が入店したときは人がそれなりにいましたが静かな空気が流れておりました。思考するのにいい場所だな個人的に思います。

 

 

53、Al Caminetto

no.53 「Al Caminetto」テラス席もいいですね。目に止まったので入ってみました。 ここではピザが大きすぎて食べるのに困りました笑。無事食べきり、食後にコーヒーを。 ちなみに店員さんがお茶目な人で、料理持ってくるときに「スパゲティ?」ってめっちゃ言ってきて「ちがうよピザだよ!」って言い返したら、「安心してピザ持ってきたから笑」みたいな冗談をかまされました。 そのあと、丁寧にピザを切ってくれました。ダンケ。 おもしろかったです笑 #ウィーン #カフェ #コーヒー #ききみみ春のウィーン祭り #cafe #coffee #vienna #wiencafe100

喫茶ききみみ堂さん(@cafe_kikimimido)がシェアした投稿 -

ここはカフェといっても、レストラン的側面が強いですね!

テラス席で座っている人たちは料理を頼んでいる人がほとんど、メニューには日本語もあるので少し安心して頼めます。

 

 

54、Retsina

ウィーンの中心から離れた場所にあります。可愛らしい青系のカフェで、駅から近いです。

 

 

55、Cafe SAADI 16

no.55 メインドアを開けるときは隣の部屋の人のブザーを鳴らして開けてもらって! と言われましたが不在でした笑 ということでしばし休憩です。 ここすごく落ち着きます。「Cafe SAADI 16」は清潔だし、お店のロゴ入りカップあるし、クッキー添えるしで好感を持てます。 というより、異国の地でスーツケース引いて歩き回った疲れから、急な癒しによる効果が絶大でしたので、やや誇張しているかもしれません笑 とにもかくにも、ダンケ。 #ウィーン #カフェ #コーヒー #ききみみ春のウィーン祭り #cafe #coffee #vienna #wiencafe100

喫茶ききみみ堂さん(@cafe_kikimimido)がシェアした投稿 -

今風のおしゃれ感がありますね。

シンプルで解放感あって落ち着いて過ごせました!

 

 

56、Denis

出店がたくさん並び、わいわいしている市場を歩ているときに見つけたカフェです。これまたコーナーにあるカフェです。

ウィーンは本当にコーナーにカフェを開くのが好きみたいですね、おかげで探しやすいです!笑

 

活気溢れる場所にあるカフェは、テンションが上がりますね。道行く人たちを眺めるボケっと時間を過ごせました。

 

 

57、Ferrari

ひょこっとありますので見逃さないようにしましょう。

テラス席でコーヒーを飲みましたが、店内もいいかもしれません。あの落ち着いた雰囲気でおしゃれな感じ、たまりませんね。

 

 

58、Mokador

ここもコーナーカフェです!

日曜日ということでお客さんが少なかったですが、落ち着いた印象のカフェでした。

 

 

59、Cafe Weidinger

このお店の重厚感は、時代を感じますね。

古いもの好きの人にとってはきっと居心地の良い場所になることでしょう。

シックでタイムスリップ感のある素敵なカフェです!

 

60、Waffle’s

スイーツ系がたくさんあるカフェです。

店名から予想される通り、コーヒーよりスイーツ系がメインですね笑

入口はいってすぐ、アイスのショーケースがありますので、つい食べたくなってしまいます!

 

 

61、Habibi&Hawara

一見、カフェやレストランには見えない外装です。

おしゃれな雰囲気ですごく居心地がいいですよ。

 

 

62、joma

「アンカー時計」と呼ばれる仕掛け時計があります。この時計はウィーンの歴史に登場する人物が横に移動しながら時を刻む時計です。

この時計は2つの建物に挟まれているのですが、その片方の一階にあるカフェが「 joma」です。

 

ビーガンの方も安心して食べれるように、メニューの中にビーガンのマークがついているものもあります。

こういった対応の広がりは、ヨーロッパのほうが早いのかもしれませんね。日本でビーガンマークのあるメニュー表はあまり見かけません。

 

とてもおしゃれなカフェで非常におすすめです。店員さんも愛想がいいし、対応がとても親切でした!

 

 

63、Zum Schwarzen Kameel

カフェでのんびり~というよりは、中にある売店のラインナップに目がいってしまいます!笑

輝かしいジャムやらワインやらの商品棚からは、光が溢れているようです。

コーヒーを飲みながら眺めるのもひとつの楽しみとしていいかもしれませんね!

 

64、Cafe Wolfbauer

肖像画に鹿の頭の壁飾り、この一室の空気は独特です。

見た目は普通のカフェで、パンも売っている可愛い感じなのですが、喫煙席のこのミステリアスな感じはおもしろいです。

 

 

65、Cafe Salvador

観光客がいかないような住宅地の中にあるカフェです。

ダーツの台があったり、バーカウンターがあったりするカフェです。

 

こういった地元に根付いたカフェに訪れるのは、ウィーンのカフェ文化を味わうのに最高ですよ!時間があったらぜひおすすめします!

 

 

66、Cafe Lorenz

ウェイターのイラストみたいなのが、お店の窓にいます。 それが可愛らしくて、つい入ってしまいました。

地下鉄にすごく近いので、便利なカフェです。

 

 

67、Westend

ウィーン西駅の近くにあるということで、店名にWestの文字が入っているのでしょう、ここもなかなかシックで味のあるカフェです。

壁やソファが緑で統一されていて、その品のある雰囲気がより高まっている印象です。

 

 

68、Cafe im Raimundhof

隠れ家的なカフェです。

見つけたとき、テンション上がります!

 

居心地は最高、街の喧騒から離れた場所でのコーヒーはたまりません。

 

 

 

to be continued.........

-ききみみ春のウィーン祭り

Copyright© 喫茶ききみみ堂 , 2018 All Rights Reserved.