【京都の喫茶店10選】ここにしかない店がある!!!!!

 

「そうだ、京都へ行こう」

 

これは少し前の言葉、今なら、

 

「そうか、また京都だ」

 

何度も足を運んでしまう、京都に魅了されたひとたち。

何度街を歩いても、食い尽くせぬ魅力。

この言葉は、京都に心を奪われた人たちのものです。

 

そんな日本が誇る京都の魅力の一つ、「喫茶店」。あなたはどのくらい行きましたか?

 

ここでは、万人におすすめしたい魅力的な京都の喫茶店を10個ほど、ご紹介したいと思います。

(本当は、10個じゃ足りないですけどね!!)

 

では早速覗いてみましょう。

 


 

1.イノダコーヒー本店

 

http://www.inoda-coffee.co.jp/shop/honten.html

 

京都と言ったらここを思い出す人は多いのではないでしょうか。

創業1940年の歴史ある京都の喫茶店。

支店が、東京や北海道、広島などにもある名店。

 

ん~~!!入口からたまりませんね!!

面構えが上品さを表しております!!

 

本店では、旧館と新館でテーブルが分かれており、混雑具合ではどこに案内されるかはわかりません。しかし、それもひとつの楽しみ。イノダコーヒー本店の雰囲気は、歴史的な高級ホテルの雰囲気を放ちつつ、憩いの場を提供しております。旧館でも新館でも、あなたが快適にコーヒーを楽しめることは間違いないでしょう。

 

また、コーヒーのメニューには、「アラビアの真珠」「コロンビアのエメラルド」など、ユニークな名前のものが!!ここでも私たちを楽しませてくれます。

おすすめのケーキは「レモンパイ」、あのふわふわ具合、ぜひ機会あれば堪能してください!!

 

 

 

2.進々堂(京大北門前店)

 

http://www.shinshindo.jp/

 

進々堂といえば!!!!

 

そうです、森見登美彦の『夜は短し歩けよ乙女』の物語のなかで、黒髪の乙女と先輩がデートの待ち合わせした場所でございます。この作品のファンならば、京都へ来たらぜひ行ってみてください!!

(この作品、今絶賛活躍中の星野源と、アニメ界で絶大な人気を誇る花澤香菜が、主人公とヒロイン役に抜擢されアニメ映画化まで至った作品でございます!!森見登美彦さんは、京都を舞台に数々の小説を書いている方で、この作品はファンの中でも圧倒的な支持を誇る名作でございます。まだ読んでない、映画を見ていない方はチェックを!!)

 

京大のすぐ近くにあり、看板から内装まで、ありとあらゆるところにノスタルジックを感じる造りとなっております。感じ方は人それぞれですが、私は「古風な大学食堂」みたいな雰囲気を感じました。いつの時代かわかりませんが、タイムスリップしたような気分です。

 

それもそのはず、1913年にベーカリーショップとして創業した歴史ある名店。お店の外観から内装まで、伝統の重みが感じられます。

他にもたくさん店舗がございますが、やはり京大北門前です。

森見登美彦ファンは必須ですよ~。

 

カレーは500円!!めっちゃお得です!!

 

 

3.六曜社

 

六曜社 – Wikipedia

 

喫茶店がWikipediaにのるなんて、なかなかありませんよ~。

 

それほど、愛されているってことです。

六曜社には一階と地下があり、一階は珈琲店、地下はバーとなっております。しかし、下でもコーヒーの注文は可能ですので、ご安心ください。

これまた歴史ある喫茶店で、創業は1950年。

古き良きものが残っている京都の素晴らしさを、また改めて感じます。

 

ここのお店の名物といえば、「ドーナッツ」

噂の味、食べてみてはいかがでしょうか。

 

 

なお、BEACON KYOTOにて、六曜社地下店の記事がございますので、さらに六曜社の魅力を知りたい方はぜひ一読ください。

https://beacon-kyoto.com/spot/S0000000825.html

 

4.前田珈琲

 

http://www.maedacoffee.com/

 

もともと呉服屋さんだった建物に、前田珈琲の本店は存在します。

この京都喫茶店戦国において、特徴的な広さと上品さで、その名をあげたのが前田珈琲。

 

そしてここは、モーニングセットがね、もう、気持ちいいボリューム!!

お腹がうまい具合に満たされてから、食後のコーヒーを堪能できるので最高です!(もちろん個人差はあります!笑)

 

支店も数多くありますので、ぜひ立ち寄ってみてください!!!

 

 

5.まぼろし小路東入ル ヱントツコーヒー舎 

 

http://entotsukohisha.favy.jp/

 

最近話題の期待のホープ!!!

エントツコーヒー舎!!!!!

 

 

この隠れ家的な喫茶店。まるでおとぎ話の世界です。

店名の一部である、「まぼろし小路東入ル」、という言葉。これはどういう意味でしょうか?それは行ってからのお楽しみでございます笑

 

お店に入れば、その圧倒的なファンタジー性に驚かされることでしょう。

そして、メニューにある豆の説明欄をみて、あなたは微笑むことでしょう。

 

たくさんの感動や歓喜が詰まっているお店です。

今のうちに行っておかないたほうが身のため、、、笑

人気で並ばなきゃいけないときがくるかもしれませんよ!!

 

 

 

 

6.憩

 

 

千本通の亀屋町に、人知れず人気のある喫茶店がある。

 

賛否両論が飛び交う中、この不思議な世界に惹かれて通い続ける者は絶えない。

 

なぜだろうか?

ひとつは、ケーキセット。コーヒーが350円なのに、ケーキセットは450円。圧倒的にお得で安い!!しかも写真のボリュームである。さらにここのマスター、作り置きではなく、注文を受けてから作っていらっしゃるので、待ち時間が長いことは頭に入れておいてほしい。

 

ひとつは、西日が差しこんだときの幻想空間。カーテンも何もないこの喫茶店は、西日の影響をがっつり受ける。それはあなたの友達の顔が見えなくなるほどに笑。

 

そして、最後のひとつはやはり雰囲気だろう。

こちらの喫茶店、アンダーグランド感が半端ではない!!上品さはないが、ミステリアスさ満載な感じ、雰囲気も室内に置いてある植物も、総合してアンダーグランドな感じがするのです。あれは絶対にどこにも真似できない雰囲気です、あそこでしか味わえない雰囲気。この感覚、行ってみないとわからない!!笑

 

ちなみに、店長はすごい人の良さそうな人でした!!

 

7.御多福珈琲

 

 

御多福珈琲、ここを愛しているファンがどのくらいいるだろうか。

マスターのトレードマークはもみあげ。シャツにベストにネクタイの王道ファッション。

そのスタイルを崩さないスタイルは、男の美学。

 

カウンター席やテーブル席では、ワインレッドのイスたちがお客様を待ち望んでいる。

小さなお店ではあるが、創り上げられた美しき空間は、老若男女を癒す。

 

ここに、一筋の光を見つけたり!!

京都の喫茶店ならここものぞいてください!!

あと、個人的にハーフサイズのチーズケーキがめっちゃかわいい。

 

 

8.スマートコーヒー

 

http://www.smartcoffee.jp/

 

1932年創業、老舗の喫茶店。

寺町通で輝く、ダイヤモンドのような喫茶店は、勿論京都の住民から愛される名店。

 

メニューで人気なのは、「ホットケーキ」「プリン」

この味、、、、、本物です!!!

 

また、スマートコーヒーのロゴデザイン。

愛おしいデザインでございます。

男女が喫茶店で語り合う様子、素敵です。

 

また、今では珍しいマッチ箱の残る喫茶店でございます。

愛煙家の方、そうでない方も、記念にもらっていくと、いいことが起こりますよ!笑

 

9.アカツキコーヒー

 

http://akatsukicoffee.com/

 

 

そのお店は、端正で、洒落ていて、味は最高だった。

店内の美しいアクセントクロス、ウッドな机やイス。

そして、フルーティーなコーヒーからコクのある苦みまで幅広く取り扱うお店の魅力。

 

素晴らしい喫茶店です。

ロゴデザインもかわいく、「アカツキ」という言葉通り、明け方の太陽を描いております。

お店に行けばわかりますが、マスターのコーヒーに注ぐ愛情が伝わります。

 

疲れた体に、心のこもった一杯は、医者いらずでございます。

 

まだ行っていない人、ぜひここで休日を。

 

 

 

10.WIFE&HUSBAND

 

http://www.wifeandhusband.jp/

 

最後にお届けするのは、ここ。

「WIFE&HUSBAND」

 

8名ほどしか入らない小さな喫茶店。

日本の喫茶店を歩き回っても、こんな喫茶店見たことがない!!

 

こだわりぬいた味や店内は、ユートピアのような環境。

あなたの肩の力が抜けるのに、そう時間はかからないでしょう。

 

ここのお店は、ピクニックされるお客様のために、イスやテーブル、ピクニックバスケット(もちろんここのお店のコーヒーなどが入っております)等がレンタルできます。近くに鴨川があるので、天気がいい日は最高です。お店よりピクニックされるお客様のほうが多い気もします。

 

そんな店内でも店外でも、コーヒーを堪能できる名店。ここのWEBサイト、かなり力が入っており、見ているだけでピクニックに行きたくなります笑。ちなみに「WIFE&HUSBAND」はインスタグラムをやっているのですが、「WIFE」と「HUSBAND」の二つのアカウントを運営されております。ユニークですよね~笑。

 

そしてお店の名前の由来!!

これがとっても素敵なんですよ~!!

 

気になる方は、URLを貼っておりますのでぜひチェックを。

 

またここのお店のスタイルは、WEBサイトを見ればすべてわかります。

素敵な志で、経営されておりますので、訪ねる前にチェックしたほうがいいかも。

 

 

【番外編】サウナの梅湯

 

サウナの梅湯 – Twitter

 

喫茶店を歩き回ったり、観光名所を歩き回ったり、

和菓子をたくさん食べたり、おばんざいをたらふく食べたり、

 

京都旅行というものは、はしゃぎすぎて疲労がたまるもの。

 

そんなあなたに、明治時代から続く癒しの王様「サウナの梅湯」

 

雑誌「POPEYE」を始め、「EYESCREAM」、「OZ msgazine」、「カジカジ」、テレビなど、幅広いメディアに取り上げられ、京都の住民・観光客問わず絶大な人気を誇る「サウナの梅湯」。

 

ここの銭湯の経営者である湊三次郎さん(若干26歳)は、廃業の危機にあった「サウナの梅湯」を引継ぎ、今もなお銭湯文化と「サウナの梅湯」を守るために、日々工夫をしております。

 

そんな銭湯への情熱あふれる「サウナの梅湯」、

今日も疲れたあなたを待っております。

 

 

 


 

以上、喫茶店10店舗と銭湯をひとつご紹介いたしました。

 

京都の喫茶店は、ご存じの通りまだまだたくさんあります。

「喫茶室フランソワ」だったり、「ソワレ」だったり、「築地」だったり、「二条小屋」だったり、本当に素晴らしい喫茶店が多くて、私は京都に行ったとき、1日7軒も行ってしまい、胃が限界に達しました!!笑

 

皆様には、安全に美味しく楽しんでいただきたいため、

1日4軒程度がベストだということをお伝えしておきます笑

 

それでは皆様、京都へ行かれましたらぜひ喫茶店へGOOOOOOO!!!!