本は内容が全てじゃない!!世界のブックデザイン2015-16

今回は、装丁デザインのお話をしたいと思います。

飯田橋にあるP&Pギャラリー3/5まで開催されている、【世界のブックデザイン201516を見学してきました。

 

この展覧会は、毎年3月のライプツィヒ・ブックフェアで公開される「世界で最も美しい本コンクール」の受賞図書と、日本・中国・カナダ・ドイツ・オランダ・オーストリアの各国コンクールで入選した、優れたデザインの書籍を約180点展示しているものです。

また、今年は造本装幀コンクール50回目の節目ということもあり、過去に受賞した作品も約50点展示されています。

 

手に取った装丁はどれも常識にとらわれない面白さを持っていて、サイズや綴じ方・使用する紙の種類・印刷加工など、それまで自分が考えていた「装丁デザイン」の域を遥かに超える多種多様なものでした。

 

簡単に言えば「何してもいいんだな!」といった具合に自由でした。

 

 

特に気になった装丁デザインをいくつか挙げていきたいと思います。

 

日本のブックデザインのブースでまず目を引いたのは、『金沢アートディレクターズクラブ年間2014(1)でした。

「鉄道と駅弁」が装丁デザインのテーマになっており、お手拭きがはさみ込まれているなど本全体がかなりの高次元で駅弁に寄せて作りこまれていました。

本の内容以外のところでも、様々なギミックで読み手が惹きこまれるようになっていて、ここまでしていいのかと驚かされました。

図1

 

続いて目に止まった装丁は、オランダのブックデザインでHet Meest Geloof de Sprookje(23)という題名の絵本です。

ブルーの幾何学模様と中央の箔押しが印象的な作品ですが、中身も青を基調にした幾何学模様が満載で、パターンが好きな私にとっては今回イチオシの本でした。

さらに装丁においてもとても面白い作りをしています。この本には各ページに“裏のページ”が存在していて、天(ページの上の辺)の部分で次のページと繋がっています。

この説明では分かりづらいと思うので図3を参照してください。めくられたページの部分に「15」と印字されていますがこれは“裏のページ”で、実際の15ページはその裏側になります。さらにややこしくなったようにも思えますが、この“裏のページ”にも様々な模様が印刷されています。

小さな子供に対して、こういう「普通の本」の型にはまらない作品を与えることは、想像力を養うという点において良いかもしれませんね。

 

図2

 

図3

 

 

次に紹介したいのはIn Flanders Fields, 100Years : writing on war, Loss and Remembrance (45)という書籍です。

黒の背景に赤いケシの花のイラストが印象的なデザインですね。

この作品で私が惹かれたのは、本の背表紙の部分です。図5を見て頂ければわかると思いますが、ケシの花のイラストが敷き詰められています。

表紙より背の方が目立つ装丁はありそうで無いように感じたので、とても新鮮でした。背表紙の部分を面白く使うという発想が自分の中に今まで無かったのだと思います。

また、写真では伝わりにくいかもしれませんが、表紙に用いられている紙質も他の書籍とは違う魅力の一つです。

この表紙の紙には、あえて印刷用ではない非塗工紙が使用されています。

非塗工紙の光沢の一切無いざらざらとした質感が上品さを演出しているように感じました。

紙選びもデザインの一環であると改めて考えさせられる作品ですね。

図4

 

図5

 

最後に取り上げるのは、臼田捷治『書影の森―筑摩書房の装幀1940-2014筑摩書房(67)です。

この書籍に関しては、シンプルに白地にタイトルが印字されたすっきりした装丁ではなく、この本の内容である「日本の装丁の歴史」がとても面白かったので紹介しました。

この書籍はタイトルの通り、筑摩書房で1940~2014年にかけて出版された書籍の中から時代別に234点の装丁を紹介した作品です。

もう少し具体的に説明します。

1940年代初期の少ない色数と線によるデザインから、徐々に色数とデザインのレパートリーが増えていき、写真やDTP(手作業ではなくPCで編集すること)を用いた装丁へと移り変わっていく変遷をこの1冊で辿ることが出来ます。

戦時中からの印刷技術とデザインの発展をうかがい知れる、価値のある作品です。

図6

 

図7

 

 

この展示会に出品されている書籍は、造本装幀コンクールの過去の受賞作を除き、すべて実際に手に取って見ることが出来ます。

 

興味が湧いた方は是非行ってみることをお勧めします。

 

 

⇒世界のブックデザイン2015-16 feat. 造本装幀コンクール50回記念展

http://www.printing-museum.org/exhibition/pp/161203/index.html

 

 

⇒画像引用元

http://www.kanazawa-adc.com/annual/2014-%e9%87%91%e6%b2%a2adc%e5%b9%b4%e9%91%91/

 

https://www.dewerk-winkel.nl/store/paper/het-meest-geloofde-sprookje/

 

https://thepaperbackpilgrim.com/2017/01/20/review-in-flanders-field-100-years-writing-on-war-loss-and-remembrance-amanda-betts/

 

http://www.penguinrandomhouse.com/books/252996/in-flanders-fields-100-years-by-amanda-betts-editor/

 

http://blog.excite.co.jp/dezagen/24427370/