木漏れ日はセクシー、直射日光は優しくして~マスターのままごと vol.3~

 

「セクシー」という感情は、感情のお得なセットである。

 

羨望、奮起、哀愁、エロティシズム、陶酔、理想、爽快、焦燥、緊迫、ナルシズム、嬉々、情熱、エトセトラ。

そう、いろんな感情のカオス空間だ。

 

 

「セクシー」を起こさせるきっかけは、人間だけではない。動物にセクシーさを感じることもあるだろうし、乗り物にセクシーさを感じることもある。日常には、たくさんの「セクシー」がまぎれこんでいる。

 

その中で、私が個人的におすすめしたいのは、木漏れ日だ。

直射日光は全開状態なので、気持ちよく浴びる分にはいいのだが、セクシーさは感じない。しかし、木漏れ日の場合だと、少量の日光のせいで、もっと日光を浴びたくなってしまう。じらすのがとんでもなく上手だ。テクニシャンとも思える。

 

冬の直射日光だと気持ちいいが、夏の直射日光は少しずうずうしい。そんなときは、木陰に入る。木陰で涼んでいたら、木漏れ日を探して少し浴びる。そんなことをしてしまうのも夏の楽しみ。

 

寒い季節、お店に入るときは窓側の席にすわる。木漏れ日が少し当たっていることに気づく。そのほんのりとした温かさは、暖房では表現できないアプローチをたやすく行う。

 

ということで、

木漏れ日という素敵な来訪者と仲良くすることを、ぜひおすすめします。

 

自然を感じる身近な方法、素敵なものがあれば友人や恋人とシェアしてみたら楽しいのではないでしょうか。

私はまだ未熟ではありますので、これからも探求中します。

 

では、アディオス!!

 

 

 

 

【今回のおすすめPV】

Mura Masa – What If I Go? (Official Video)