自由とは、心の底から納得した場所~マスターのままごとvol.21~

 

 

おはようございます。ききみみ堂のマスターです。

 

今日は「自由」について語ってみようと思います。

皆様は「自由」というと何を思い浮かべますか?経済的自由、場所の自由、人間関係の自由、時間的自由、表現の自由、宗教の自由、様々な自由がありますよね。世の中、たくさんの自由で溢れていますが、あなたが一番欲しい自由は何でしょうか。1つだけという人もいれば、3つや4つほしいという人もいますよね。ちなみに私は、経済的自由と時間的自由です(笑)

 

 

そんなたくさんこの世に存在する「自由」。何かの自由を得ると何かの自由を失うことになります。経済的自由を手にした人は人間関係の自由を奪われるかもしれません。時間的自由を得た人は、経済的自由を奪われるかもしれません。しかし、その一方で、両手に花の状態を維持している人もいます。となると、主に富裕層を想像してしまいますよね。経済的にも人間関係的にも、時間にも恵まれている人がいます。ですがそれは、外側から見ているからそう見えるのであって、本人たちは自由だとはこれっぽちも思っていないのかもしれません。

 

そもそも、「自由」というのは何を指すのでしょか。この問題について様々な議論が起こっておりますが、私の中では、「自由=理想像」でしかないと考えています。つまり、人間様お得意の「ないものねだり」ではないかと。

 

そう考えると今、自分の求めているものがわかりますよね。まあ、アドラー心理学みたいな感じなんだけど、結局人は「人間関係の悩み」にしか囚われていないような気がするのです。自由を欲している気持ちは現状に満足していない証拠で、その行き着く先は結局人間関係の問題だということですね。

お金がほしいのも、時間が欲しいのも、結局自分のためじゃないですか、そして人は24時間365日、ずっと一人ではいられないのだから、結局誰かのためにその自由を使おうとするのです。

 

 

自由がほしいと願うよりは、無形の資産を構築しようとするほうがいいのかもしれません。

人は死ぬまで、一人にはなれませんから。

 

孤独という言葉は誰かがいるから、生まれた言葉であって、誰もいなくなったら、孤独という言葉はなくなってしまう。一人を認識できなくなってしまうのですね。

 

 

 

世知辛い世の中、誰かのために生きていけたら、

それだけで彼や彼女は素晴らしいと思うのです。

 

 

 

 

 

【今回のおすすめPV】

berhana – Janet