妄想は素敵なこと、赤毛のアンみたいな子は最近いますか?~マスターのままごとvol.2~

 

 

夢見ることができれば、それは実現できる。

 

 

いい言葉ですね~。

この言葉、引き寄せの法則ではありません。ウォルト・ディズニーの言葉です。

 

信じるか信じないかは人間の勝手ですが、私は信じたほうが楽しいと思うので、信じています。ときめく言葉というのは、いつも目につくところに置いておいたほうが楽しいです。私はいつも手帳のいたるところに言葉を書いております。

 

そして時折その言葉を見ては、よく妄想しています。私は男性ですが、少女漫画の主人公ばりに未来を描いています(笑)。すごく楽しいですし、たまにそればっかり考えていると運気が上がった気になります。(思い込み効果は本当かもしれませんよ!)

 

 

しかし、妄想の師匠「赤毛のアン」さんには、まだまだ到達できそうにありません。

「赤毛のアン」こと、アン・シャーリーは、みんなご存じモンゴメリの長編小説にでてくる素敵な女の子のことです。妄想癖と思うほどに想像力豊かで、コンプレックスもちで、優しい心をもった子です。そんなアン・シャーリーさんばりに妄想をするのは、なかなか大変なことです。

 

なぜなら、アン・シャーリーさんは、自分の名前である「アン」がロマンチックじゃないといって、本当の自分の名前はレディー・コーデリア・フィッツジェラルドだと思うようにしていたり、いろんなものに素敵な名前をつけたりしているからです。

 

それに比べると皆さんはどうですか。私はまだまだです。

日常で起こるいろんな事象に名前とかはつけているんですけど、さすがに自分のことを別の人物とまで思ったことはありません(笑)。でもそう思えるって素敵な想像力ですよね。めっちゃクリエイティブです(笑)。

 

そう、クリエイティブ!!!

 

世の中いろんなことが安くなったり無料になったりして、技術がすすんで自動化がすすんだりして、将来は従来の仕事がなくなってしまうといわれております。だからこそ、ホリエモンがいう「遊びは仕事になる」というのは正しいですし、これからはより一層、個の力というものが問われていきます。

 

だからこそ、アン・シャーリーさん並みの「クリエイティビティ」と「ときめき」が必要となっているわけです!!

 

 

その原動力は、「妄想」。「想像」だと、品のあるものしか認められなさそうなので、「妄想」から始めましょう(笑)。

 

そしてそれはのちに、「創造」になっていきます。

 

本日の「マスターのままごと」、これにて終了します。

皆さんすてきなコーヒータイムを~

 

 

【今回のおすすめPV】

EVISBEATS – いい時間