コーヒー発見にまつわる2つの伝説

コーヒーはいったい、いつどこで発見されたのだろうか?
有力な説としては、エチオピア付近といわれている。エチオピア南部の地名「カーファ」がなまって「カフェ」となった話を知っている人も多いのでは?

真実は誰にもわからないが、コーヒーがどうやって発見されたのかには有名な2つの伝説がある。
今回はその2つの伝説をご紹介しよう。

 


 

1.「ヤギ飼いカルディの伝説」

ヤギ飼いのカルディは、ある日放し飼いをしているヤギが赤い実を食べて興奮しているのを目撃した。なぜヤギたちはこうも跳びまわっているのか、気になったカルディは修道院長に相談し、一緒にその実を食べてみることにした。すると全身の感覚が研ぎ澄まされ、スッキリとした気分になった。それから夜に働くときは、赤い実を煎じて飲み、睡魔と戦ったという。

 

2.「シェーク・オマールの伝説」

イスラム教徒のシェーク・オマール。彼はイエメンのモカで祈祷によって王女を病から救ったが、王女に恋心を抱いた罪で、国王から追放されてしまう。モカからオウサブというところへ追放されたオマールは、食べるものもなく彷徨っていると、小鳥が赤い実をついばんで陽気に歌っているを見た。そして彼は、赤い実をスープにして飲んだ。するとどうであろうか、体も心も生き生きとしてくるではないか。この赤い実が持つ力に気づいた彼は、のちにこれを用いて多くの病人を救った。その評判は国王にも届いたため、罪を許されモカへ帰ることができた。のちに彼は、多くの人を救ったため、コーヒーを発見した聖者と呼ばれるようになった。

 


 

以上がコーヒーの発見に関して語られる2つの伝説である。
神話みたいな感覚の物語なので聞くとおもしろいのだが、実はこの2つの伝説、焙煎をしていない。
そう考えるとなんだか不思議なものである。
まあ、あくまで伝説なので、コーヒーを楽しむための知識として触れてほしい。

 

いったい誰がいつ発見したのだろうか、はっきりとした史料はいまだに見つかっていない。
コーヒーの発見については謎のままである。

 

しかし、こういったことを知らずとも私たちの生活にはコーヒーが欠かせない。
サードウェーブが日本にも起こりコーヒーに対する価値がさらに上昇したこと、カフェや喫茶店を人々が自身のサードプレイスとして利用し始めたことは、実に喜ばしいことである。
遥か昔から伝わる魅力的な飲み物は、現代の私たちを陶酔させる。良いものは伝承されていくものだ。

 

さて、今日もコーヒーを飲みましょう!!