広尾「アンセーニュ・ダングル」

 

 

ここは日本でしょうか?

そんなことをつい思わせる広尾という街は、大使館が多いため、外国人の方が日本人より多い地域。

駅のすぐ近くにある、有栖川宮記念公園では、かわいらし気な子どもたちが遊んでいるのですが、こちらもほとんど外国人の方。なんだか不思議な気分で、少しおもしろいです。

 

広尾は、座禅ができるお寺や銭湯があったりと、わりと日本の文化を残している部分もあり、日本文化を体感することもできるので、非常に魅力的であります。

 

そんな広尾に、原宿や自由が丘などでも有名な、あのお店がございます。

 

 

 

「アンセーニュ・ダングル」

 

 

 

道を通り過ぎてしまい、気づかぬ人も多いかもしれませんが、地上2階にどっしりと構えるこの喫茶店は、1975年に原宿から始まった歴史ある喫茶店である。

 

お店のコンセプトは、

「女性客を意識した、フランスの片田舎の一軒家の内装」

 

 

これは、、、素敵に決まってるじゃないですか!!!

 

期待を裏切らず、外装から内装まで隅々まで、その雰囲気があなたを包み込む。丸め込まれたお客様たちはやがて、一杯のコーヒーに幸せを感じるであろう。

こだわりにこだわったお店、食器、コーヒー。

 

 

皆様も覗いてみてはいかがでしょうか。